博士論文

高谷 康太郎 2001年度: Amplification mechanisms and variations of the Siberian High: Interaction of stationary Rossby wave with surface baroclinicity
三瓶 岳昭 2005年度: Importance of Midlatitude Oceanic Frontal Zones for the General Circulation of the Extratropical Troposphere
西井 和晃 2005年度: Upward and Downward Wave-Activity Propagation across the Tropopause Associated with Submonthly Fluctuations
宮坂 貴文 2005年度: The Structure and Formation Mechanisms of the Subtropical Highs
小坂 優 2006年度: Structure and Dynamics of Pacific-Japan Teleconnection Pattern
小川 史明 2014年度: Potential Importance of Midlatitude Oceanic Frontal Zones for the Annular Variability in the Tropospheric Westerlies and Its Coupling with the Stratospheric Variability

修士論文

新保 明彦 1997年度: 南半球対流圏における傾圧性波動擾乱の活動の季節変化
高谷 康太郎 1997年度: A new formulation of a wave-activity flux for stationary and migratory eddies on a zonally varying basic flow
泉 卓也 1998年度: Interannual Variability in the Wintertime Heat Transport due to High-Frequency Transient Eddies and Stationary Monsoonal Flow over the Far East and Northwestern Pacific
三瓶 岳昭 2001年度: 冬季北太平洋ストームトラック活動の年々変動と西風ジェットの変動
西井 和晃 2001年度: Rossby wave packets in the lower stratosphere of the Southern Hemisphere: A case study for late winter of 1997
宮坂 貴文 2001年度: 北半球の亜熱帯高気圧と対流圏プラネタリー波
深町 知宏 2002年度: オホーツク高気圧の形成過程と立体構造及びその季節依存性
天野 太史 2003年度: 北半球冬季ブロッキング高気圧の鉛直構造の地域依存性
尾上 良範 2003年度: 移動性擾乱が西風ジェットおよび海上偏西風に与えるフィードバックとその変動特性
中野 史剛 2003年度: 準定常ロスビー波束の伝播に伴う下層循環場の変動 -2002年夏季の事例解析-
堀田 大介 2005年度: On the significance of sensible heat supply from the ocean in the maintenance of mean baroclinicity along storm tracks
後藤 敦史 2006年度: 環状モード変動に対する中緯度海洋前線帯の重要性 -「水惑星」実験から-
石坂 賢嗣 2007年度: Circumglobal teleconnection patternの気候学的特徴と長期変動
小川 史明 2009年度: 対流圏擾乱活動と東西風分布の海洋前線帯の緯度に対する依存性:「水惑星」実験から
笹平 康太郎 2009年度: 北半球冬季ブロッキング高気圧に伴う循環偏差の3次元構造と時間発展の地域特性
小林 寛 2011年度: 気候モデルによる梅雨前線の再現性及び将来予測における水平温度移流の役割
佐藤 大卓 2011年度: 暖候期北西太平洋域における下層雲量の季節進行と経年変動、アジアジェットに沿う停滞性波動擾乱
佐藤 圭 2012年度: 秋雨前線の形成と経年変動に関わる大規模力学 ~梅雨前線と比較して~
武樋 蕗子 2012年度: 初夏の東シナ海南部の水温前線帯上を通過した台風の構造変化:台風1102号(Songda)の解析
田中 翔 2012年度: 西太平洋パターンの3次元構造とエネルギー論的考察
岡島 悟 2013年度: Assessing the importance of SST anomalies over the midlatitude North Pacific in forcing large-scale atmospheric anomalies
升永 竜介 2013年度: Imprints of multiple SST fronts on the wintertime atmospheric boundary layer within the Kuroshio-Oyashio Extension region
宮本 歩 2014年度: 南インド洋の亜熱帯高気圧とストームトラックの季節変動が下層雲に与える影響