セミナーのご案内

2017年11月21日 東大先端研 気候科学特別講演会

終了しました。ご来場ありがとうございました。
当日の様子は こちら をご覧ください。

気候科学の世界的権威であるワシントン大学のJohn M. Wallace名誉教授が先端研を訪問され、さらに彼の門下であるアジアの著名な気候科学者も併せて先端研に滞在されることになりました。この機会に、下記の通り公開講演会を開催いたします。ご関心がおありでしたらぜひご参加下さい。事前申込は不要です。

場 所:東京大学 先端科学技術研究センター 3号館南棟 ENEOSホール (アクセス)
日 時:11月21日(火) 13:30~17:00

プログラム

13:30   Opening remark (Hisashi NAKAMURA, University of Tokyo)

13:35   Ngar-Cheung LAU (Chinese University of Hong Kong)
"Role of monsoon variability in heat wave activity over South China and Indochina"

14:10   Huang-Hsiung HSU (Academia Sinica, Taiwan)
"The Western North Pacific: A hot spot of climate variability and change"

14:45   Hisashi NAKAMURA (University of Tokyo)
"Potential importance of midlatitude oceanic fronts for the Southern Annular Mode in its inter-basin asymmetries and vertical connectivity"

15:10   (break)

15:25   Xianyao CHEN (Ocean University of China)
"Perspective on EOF analysis of global SST"

16:00   Yu KOSAKA (University of Tokyo)
"Global influence of tropical Pacific variability and its uncertainty"

16:25   John M. WALLACE (University of Washington)
"Structure and dynamics of the atmospheric signature of ENSO"

17:00   Closing

※ なお講演は全て英語で行われます。通訳等はございません。