セミナーのご案内

2016年7月22日 S.-W. Son准教授セミナー

場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館M2階セミナー室 (アクセス)
日 時:7月22日(金)16:30~
------------
講演者:Seok-Woo Son准教授 (ソウル大学)
題 目:The role of stratosphere-troposphere dynamic coupling on the subseasonal-to-seasonal prediction

要 旨
It has been widely recognized that stratosphere can affect tropospheric circulation on various time scales. Such influences include downward coupling associated with the Antarctic ozone (O3), equatorial Quasi-Biennial Oscillation (QBO), and stratospheric sudden warming (SSW). In this presentation, their implications to the subseasonal-to-seasonal (S2S) prediction are discussed with a particular emphasis on the possible impacts of the QBO on the boreal-winter Madden-Julian Oscillation (MJO) and the associated teleconnection pattern in the operational S2S prediction models. The predictability of SSW and its influence on the extratropical surface weather and climate are also briefly discussed.
------------

2016年7月8日 Spengler教授セミナー

場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館2階207号室 (アクセス)
日 時:7月8日(金)16:00~
------------
講演者:Thomas Spengler教授 (ベルゲン大学)
題 目:Upper Tropospheric Jet Axis Detection: Winter 2013/2014 and Northern Hemispheric Variability

------------

2016年6月29日 Xie教授セミナー

場 所:東京大学先端科学技術研究センター13号館3階 (アクセス)
日 時:6月29日(水)14:30~16:00
------------
講演者:Shang-Ping Xie (謝 尚平)教授 (Scripps Institution of Oceanography, UCSD)
題 目:Convective jump, post-El Niño Pacific-Japan pattern, and the conundrum of SST-convection relationship over the Northwest Pacific

要 旨
The abrupt onset of deep convection in late July over the tropical Northwest Pacific is associated with dramatic changes in East Asian climate, including the termination of the Meiyu-Baiu rainy period in southeastern China-Japan and the start of the rainy season for northeastern China (Ueda et al. 1995). What triggers this Ueda Jump has been a mystery as local SSTs exceed 28oC at least a month earlier. We show that the gradual moistening of the mid-troposphere leads to a threshold behavior in the Ueda Jump. Specifically, the entrainment in the stable dry layer above the planetary boundary layer causes convective plumes lose buoyancy until the gradual moistening of the dry layer eventually allows the entraining plume to retain positive buoyancy. Once breaking through the dry layer, the convection can reach all the way to the tropopause, forcing a Pacific-Japan pattern to transform East Asian climate.
This summer is being closely watched because the Pacific-Japan pattern tends to develop following a major El Nino, resulting in an active Meiyu-Baiu season in East Asia. On one hand, atmospheric GCMs forced with observed SST can generally simulate the interannual Pacific-Japan pattern but on the other hand, they distort the local SST-rainfall correlation. We will tackle this conundrum in the seminar.
------------

2016年2月10日 木下武也博士・神代剛氏セミナー

場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館207号室 (アクセス)
日 時:2月10日(水)14:30~18:30
------------
講演者:木下武也博士(情報通信研究機構)
題 目:波と背景場の相互作用及び波の伝播を記述する方程式系について

要 旨
緯度高度断面における波と平均場の相互作用を記述する変形オイラー平均 (TEM) 系 は、これまで多くの研究に用いられてきた。その結果、成層圏の ブリュワ・ドブソン循環はプラネタリー波・傾圧波・大気重力波、中間圏 の夏極から冬極に流れる子午面循環は主に大気重力波によって駆動されて いることがわかっている。しかしながら上記の循環を含む空気塊の経度 方向の流れや、子午面循環の経度依存性 については、まだ解明されて いないことが多く、TEM系を3次元に拡張する研究が行われてきた。 一方でTEM系は、地表面付近の物質輸送や不安定波に伴う残差流を正確に 記述できない問題が指摘されている。温位面上の質量重みつき東西平均 (MIM) 系は、上記課題を克服した方程式系であり、最近では寒気流出に着目 した解析が行われている。しかしながら、MIM系を3次元に拡張した研究は、 特に波活動を記述するfluxについては行われていない。そこで本発表では、 TEM系及びTEM系を3次元に拡張した研究を紹介するとともに、MIM系の 波活動度fluxにおいて波の伝播を記述するfluxの3次元化について議論する。

講演者:神代剛氏(気象研究所)
題 目:雲タイプ別にみた夏季北太平洋層状性下層雲量の数年規模変動
------------